よくある質問 よくある質問

故障かな?と思ったら

火力が落ちた・火が安定しない

ガスの噴き出し口がつまっている可能性があります

ガスの吹き出し口は大変小さな穴です。塵、土埃、調理時の吹きこぼれや油等細かいものが詰まってガスがでない場合がございます。
また、器具栓内部に吹きこぼれなどのゴミが入りこんでしまい、ガスが出る量が制限されている可能性もございます。

火がすぐ消えてしまう

ガスカートリッジとコンロは取り付け後、増し締めされていない可能性があります

ガスカートリッジとコンロの接続部が増し締めされていない場合、ガスが出にくくなりますので、ご確認下さい。
※ガスが全く出ない場合も同様のことが考えられます。
ガスカートリッジの使用状況をご確認下さい
高所等の気圧の変化を受けやすい場所や寒い場所では点火しなかったり、点火しづらい場合があります。
季節、外気温に合わせてEPIgas®カートリッジはそれぞれガス配分を変えてあります。使用状況と環境に合わせたカートリッジをお選び下さい。朝露、雨等でバーナーヘッドの炎口がふさがった場合、同様につかないことがあります。
また、その場合ガスが逆流し吸気管から出火する場合がございますのでご注意下さい。

火花が飛ばず点火できない

イグナイター(点火装置)の先端に曲がりやズレが生じている可能性があります

ご使用中や持ち運びの際、何らかの衝撃が加わってしまい発生する場合があります。イグナイター先端の曲がりやズレが生じた場合、 イグナイター先端とバーナーヘッドの適正な距離が保たれていないため、正確に火花が飛びません。また、ゴトクやバーナーヘッド、イグナイターを持ってカートリッジの着脱を行いますと、ゴトクやバーナーヘッド、イグナイターの位置がズレてしまい、正確に火花が飛ばず点火できない場合がございます。念のためマッチや圧電式でないライターを携行して下さい。
白いセラミック部分に割れやヒビが入っている可能性があります
白いセラミック部分に割れやヒビの破損が生じますと、破損部分から漏電して点火できなくなります。
※肉眼では見にくい場合も有ります。

カートリッジとコンロの接合部または、スピンドル差込口からガスが漏れてくる

接続部およびスピンドルのゴム製Oリングが経年劣化(硬化・ヒビ・摩耗など)している可能性があります

接続部のコンロ側およびスピンドルにガスが漏れないようにゴム製Oリングを入れていますが、Oリングは一定期間の使用や経年に より硬化、ヒビ割れが生じます。その為、密着性がなくなりガスが漏れてしまいます。ご使用前もしくは定期的に点検をして下さい。
摩耗・損傷・変形等しているとガス漏れの恐れがあり大変危険です。お買い求めの販売店もしくは、お近くの販売店に交換修理を依頼して下さい。

コンロがハードケースに入らない

ヘッドおよびゴトクが衝撃や使用状況によってズレている可能性があります

お買い求めの販売店もしくは、お近くの販売店に部品の交換修理を依頼して下さい。

修理のご案内

使用頻度に関係なく1~2 年を目途にご購入された
販売店、弊社へ点検のご相談をして下さい。

修理品の送付先
下記へお送りいただくか、お近くのEPIgas®取扱店へお持ち込みください。

〒332-0004 埼玉県川口市領家2-16-26

ユニバーサルトレーディング株式会社 宛

TEL: 048-225-7756
FAX: 048-225-8256

主要パーツ価格表

Oリングは1~2年を目安に交換をして下さい。

オートイグナイター ¥1,800~
Oリング 各¥80
SPLITセーフティリング ¥400
オーバーホール(点検・清掃) ¥700〜
トップページへ